エメラルドグリーンな現場からの中継です

モーニング娘。'17、たまにw-inds.さんを中心にしたライブ現場諸々のログです。 2015年6月頃に急激に娘。ちゃんたちにハマりました。佐藤優樹さんとまーどぅーを中心に世界はまわっています。きっとそれは、いつまでも。 Twitter:@kaorii_drtk

2014年夏がはじまりました。

写真 1


弾丸1泊2日、宮崎県の「SEAGAIA MUSiC RESORT 2014」行ってまいりました!
実は10日前くらいに行くことを決めました。
結構ギリギリでも宮崎県に飛べることを知ってしまいました。

宮崎空港に降り立った瞬間南国で、テンションは上がりに上がりまくる一方。

写真 2

こんなヤシの木的なものがそこら中に生えているんですよ!

空港から会場のシーガイアリゾートまではタクシーで30分程度。シーガイアとタクシー会社が連合して、通常4000円程度の料金がなぜかMAX3100円にしかならない制度を直前に発見したので使用しました。

写真 3

タクシーに乗っていたらこんなLeadのグッズにありそうなシール?を発見して勝手にテンション爆上がり。

写真 4

会場に着いたら、グッズとかで察するにほぼほぼ三代目のファンで、超絶どアウェイ。「w-inds.ファンはこの会場にいるのか……?」と思いつつとりあえずw-inds.グッズ販売ブースでフェス限定タオルをGET。AWAKEアイテムもだいたい売っていて、おねーさんにマグカップをすすめられました。

8

こんな感じのリストバンドをつけ(緑!)、入場!


写真 5

人多い。日差し強い。暑い。
いや、直前まで雨予報だったのに晴れたのですから文句は言いませんがね!
アネッサを規定量の2倍くらい塗りたくり、汗で流れたら塗り直していたらほとんど日焼けしませんでした。


いろんな組の曲を聴き、あー音楽素晴らしいーでも暑い死ぬ人多い電波つながらない。早く太陽沈んで。と思っていた17時半頃(確か)、w-inds.さん登場!!!!!!!!!!!叫んだね!!!!!
衣装はリリイベに引き続き例のしましまジャケット。

とりあえずセットリスト。
Twitterに投下したときは叱られなかったので普通に書きますが、万が一「逗子とえーねも一緒だったらやだ!みたくない!」って方がいらっしゃったらあれなので数行改行入れますね。












1.New World
2.Put your hands up!!!
3.Make you mine
4.夢で逢えるのに ~Sometimes I Cry~
MC
5.Together Now
6.STEREO

いやーーーーーーーーこう来たか!!!ってかんじ!!!!!
あとほんとステージの端から端まで駆け抜けていたのでよく見失いました!
ちばさんは髪ピンクでした!
おがたは頭バンダナ+キャップでした!

◆New World
ずっと「にゅーわ、げりろん、フライハイ」のうち1曲はやってほしいねーって言ってたので、期待を裏切らないニューワ1曲め。このイントロで登場した瞬間、私はこの曲が大好きなので超絶テンションあがりました。
おがたさんがAWAKEのDVDにも入っていた「うぃーがなげっちゃっぱーりぃ♪」をやっててあがった。
間奏はやっぱりちばさんブレイキンやるのかなーーーと思ったら意外や意外、おがたさんも何やらダンスして(語彙がない)、おがた→ちばさん、の順に何やら披露してました。ちばさんはいつもの感じのブレイキン。
相変わらずかっこいいっす。

◆ぷちゃへんざー
MLT、AWAKEに続きぷちゃへんざー好きですね!!!
でもまあ確かに初見の人もとりあえず腕あげて盛り上がれる曲なのかしら? 周囲の三代目ファンの皆様も結構腕上げてやってくださってて嬉しかったです!
この曲もう少しなんかあるとすごい化ける気がするのだ。もったいない気がするのだ。
あと屋外だったら夜向きな気がする。

◆Make you mine
文句なしにかっこいいっすやっぱ。でもなんとなくこれは屋外より室内向きの曲かなーと思った。MVの影響もあるかもしれませんが。
リリイベで毎回あった冒頭の道産子の拳ぶつけあいがなくなってた(たぶん)けど、2番のAメロで道産子さんがぴったり背中あわせで歌う部分があってかわいかった。あれずっとあったっけ?記憶なし。
あとVMAJで突如あらわれた例の間奏の道産子ラップ部分は今回もありました。なんなんだあの部分……。音源には収録されているんだろうか?だとしたらなんでMVには入ってないんだろうか……謎が残る。はやくCD発売してください。

◆Sometimes I Cry
この日慶太さんが猛烈に声の調子がよかったです。
アドリブ?っていうの?日本語が出てこないんですけど、とにかく「おおっ今日なんか調子いいぞ!」と思わせてくれる部分が多数。
ラストあたりのファルセットが宮崎の野外にがーーーーんと響きわたったときは、会場がしんとしていたというか、聴き入っていたというか、終わる頃には自然と拍手がわいて……会場を圧倒した、気がする。
この日のアーティストさんはハイトーンボイス系の人がすごく多かったのですが、どの方もすごくうまいけど、やっぱり慶太さん別格だな……と思った……。ファンだからそう感じるのかもしれないけれど……。

◆MC
忘れましたすいません。
フェス緊張するっていってた。
おがたさんが「宮崎の神に感謝」って言ったことは覚えてます。

◆Together Now
代々木の豪雨の中「At on a rainy day 君の傘になろう」の部分で、屋根のない部分に突如出てきて雨を浴びながら歌い続け、ファンの号泣を呼んだ慶太さんは記憶に新しいですが、今回は晴れ!
相変わらず聴いていて気持ちいい曲だなと思いましたがシチュエーション的には代々木のほうが勝利。
雨の日に聴きたい曲なのかも……。
でも今回のc/w曲のなかではいちばん好きです。

◆STEREO
絶句、そののちに絶叫。
いや、こんなに野外ライブに適した曲があるでしょうか。
わたし福岡のラジオでこれ流れてたの知らなくて、おがたさんがタイトルなんかもにゃっと言ってたけど聞き取れなくて、とりあえず「あ、スッキリの登場曲!」って思ったんですけど、いやーーこれはねーーー。素晴らしい。今までラジオとかで聴いたアルバム曲の中でいちばん好きです。(2位がMake you mine)
振り付けがかっこよかった。イントロの振り付けはね、あれはね、かっこよかったね。バキバキな感じ。全部かっこいいです。
なのにけいたさんが途中で歌詞間違えたっぽくてめっちゃ笑ってておがたもめっちゃ笑っててよりによって間違えた瞬間スクリーンにうつってた。ねえ歌詞まだ出回ってないから誰も歌詞間違ったのわかんないよ?

あとこの曲の道産子掛け合い部分のちばさんの声がエロ甘い感じで生で聴くと死にます。
これは逗子でも絶対にやってほしい!好きすぎてシーガイア以来ずっとこればっかり聴いてます……。


そしてはけるときにもうマイク切れたとおもったのかけいたさんが「間違っちゃった」ってすごいかわいい声で言っててこちらとしては悶え死ぬほどかわいかったですが、マイク切れたの確認してからにしようね!!!!


会場9割くらいLDHファミリーで、w-inds.ファンたぶん推定200人くらいで(でもタオル完売ならもっといたのかな)、もちろんいつもよりキャーの声も少ないし、ちばさんもあとでFBで「あのアウェイ感をひたすら楽しんだ!」と書いていたくらい、まあアウェイな感じでした。真ん中くらいのブロックでわーわータオルとか振り回してめっちゃ盛り上がってたら延長線上に誰もファンがいなくて慶太さんから指差しくらって「絶対私たちだ!!!!」と100%実感できるくらいにアウェイ。

でもほんとこのアウェイ感が楽しかったし、w-inds.やっぱすごい!って思ったのでした。

そしてそのあとのソナーポケットの盛り上げ術が半端なくて、w-inds.さんは職人気質というか、素晴らしい歌とパフォーマンスがあるんだけどファンじゃない方への営業力?がもっとあると、もっとフェスでファンをがっつりつかんでこれるんじゃないかと思いました!

あ、あととにかく彼らの表情がきらっきらしてました。
初のフェス、そして野外、けっこうな人数(公称1万人らしいけどそんなにいたか謎)、宮崎。ほとんどが彼らのファンじゃないアウェイな環境。いろんな要素が重なって、「やりきらなきゃ!」というか「がんばんなきゃ!」というか、すんごいいい表情してたんですよね。
特におがたさんがすごいよかったなあ。ああ、楽しいんだろうなあって。


私たちもシーガイアの他には特に観光もせず超弾丸宮崎だったのですが、本当に「行ってよかった!!!!」以外の感想が出てこない。あまりにもよすぎて、「楽しかった!」以外に考えるのがヤボというか、もうとにかく「考えるより感じろ!!!!」というか、本当に五感で、全身で、音楽を楽しめるのって素晴らしい!と思ったんです。

ごちゃごちゃ難しいこと言わずにとにかくぴょんぴょんジャンプして腕あげてタオル振って楽しんで。
ライブだとあんまり暴れると周りに迷惑かなって思っちゃうけど、フェスだともう全然あり!というかうちのブロックw-inds.ファンたぶん私たち以外いなくてw(前方ブロックに集中していた気がします)、私たちが盛り上がらなくてどうするよこのブロック!って感じだったので、思う存分暴れられたのもよかったかもしれません。

終わった瞬間倒れ込むほど使い果たしたw 使い果たしたのに、ソナポケと三代目はまた飛びまくったんですよね笑 95%三代目ファンの中で三代目を見る自信がなくw、ブロックから出て外周で見てて、外周はスペースが広く使えるからそっちでまた遠慮なく飛び続け叫び続けた。

7


最高でしたシーガイア。
同じく野外の逗子も超楽しみ。

2014年、6月29日の宮崎シーガイア~9月11日の国際フォーラムまで、何か事故が起こらない限り全公演参加するので、せっかくなのでレポートを書いてみることにします。

↑このページのトップヘ